新鹿沢温泉旅館 鹿鳴館 ろくめいかん
新鹿沢温泉旅館 鹿鳴館 晩霞亭
〒377-1614群馬県吾妻郡嬬恋村新鹿沢温泉
TEL.0279-98-0003

原泉は4km先の旧鹿沢温泉より引湯しております。

■薬師如来像由来
新鹿沢温泉は孝徳天皇の白雉元年西暦650年頃発見されたと言われています。
もうもうと立ち込める白煙の中に一体の薬師尊像が現れ、その下から熱湯が湧き出していました。
時代は下って江戸時代中期。
傷ついた鹿がこの温泉で傷を癒しているところを一人の漁師が見つけ、霊場であることを知りました。
猟師は浴舎を設け、その地を「鹿沢」と称し浴室を迎えました。
薬師如来が深く関わる当温泉の治療効果は多くの人のよく知るところであります。

◆泉質:マグネシウム・ナトリウム・炭素水素・塩温泉
◆効能:神経痛・関節痛・筋肉痛・胃腸虚弱・切り傷・婦人病など
◆温度:44.5度

■日帰り入浴
日帰りでの入浴もできます。
時間 12:00〜21:00(OUT)
入浴料 600円
※清掃により、入浴時間が変更となる場合がございます。また、お宿泊のお客様で混雑している場合には、日帰り入浴をお断りさせていただく事もございます。ご了承下さい。